クレンジングの比較ポイント

subpage01

化粧品の中でもクレンジングの選び方は特に重要で、いくつかの比較ポイントを踏まえた上で自分に合うものを見つけると、肌への負担を減らすことができます。

クレンジングの比較関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

比較ポイントとしては、まず、クレンジングの種類とそれぞれの特徴を知っておく必要があります。クレンジングにはさまざまな種類のものがありますが、オイルタイプのものは油分の量が多く洗浄力が強いのが特徴で、ポイントメイクを落とすことも可能です。その一方、油分をその後の洗顔で洗い流すことが必要で、界面活性剤の含有量が多いものもあり、洗浄力の強さが肌へのダメージにつながる場合も考えられます。
また、とても便利な拭き取りシートタイプは、ポイントメイクを落とすことができるほどの洗浄力があるという点が魅力です。

ただし水分が多く、アルコールが含まれたものが多いため、人により刺激が強いと感じる場合があります。それから、油性のジェルタイプのものは、界面活性剤と油分のバランスが良く、肌を守ることと洗浄力が両立しやすいという特徴があります。



しかし、メイクにジェルをなじませる時に、きちんと乳化させることができなければ、洗い残しが起きることなどがあるので注意が必要です。



また、クリームタイプも界面活性剤と油分のバランスが良く、肌への負担が少ないというメリットがありますが、テクスチャーが分厚く汚れが残りやすいためしっかりとすすぐことが必要です。さらに、油分や界面活性剤の配合量が少ないミルクタイプは、肌に優しい点が魅力ですが、メイクが濃い場合はメイクをしっかりと落とすことができないことが考えられます。

クレンジングを選ぶ際は、それぞれの特徴をよく理解した上で、自分の肌質やメイクに合わせて比較検討することが大切です。